編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通、7000件の商談をもとに構築した「ITインフラ最適化システムモデル」

WebBCN (BCN)

2006-10-31 09:27

 富士通(黒川博昭社長)は10月30日、システムの基盤となるITインフラを全社的に最適化するための「インフラ最適化システムモデル」を構築したと発表した。

 同社ではITインフラ最適化に関わる累計約7000件の商談をもとに、サーバ集約など、ニーズの多い最適化のテーマを抽出して22種類に分類。ITインフラの要件となるコスト・信頼性・性能・運用・管理などを総合的に考慮し6段階のレベルに定義し「インフラ最適化システムモデル」に集約した。

 まず、ITインフラ最適化のテーマごとに最適化モデルを提示することで、顧客は現状のシステムがどの段階にあるのかが判断でき、目指す最適化モデルを容易に選択可能。また、顧客の要件に応じたシステム構成を決定できるという特徴もある。さらに、実際のシステム事例をベースとしているため、品質と信頼性の高いシステムを短期間で安全・確実に構築できる。

 同社では、「インフラ最適化システムモデル」を利用した新たな提案スタイルで、ITインフラの最適化のプランを提供していく方針。

富士通=http://jp.fujitsu.com/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]