編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

日本発の暗号方式「Camellia」をオープンソースコミュニティが採用

CNET Japan Staff

2006-11-09 14:35

 NTTは11月8日、2000年に同社が三菱電機と共同開発した128ビットブロック暗号アルゴリズム「Camellia(カメリア)」が、国際的なオープンソースコミュニティである「OpenSSL Project」が開発するSSL/TLSプロトコル用暗号ツールキット「OpenSSL toolkit」に採用されたことを発表した。

 NTTは2006年4月13日に、Camelliaをオープンソース化し、オープンソースコミュニティに対してソースコードを提供していた。

 NTTは今後、LinuxやFreeBSDなどを扱うオープンソースコミュニティなどに対してもCamelliaの採用に向けた活動を継続する。また、Camelliaを搭載した製品・サービスの開発を社内でも積極的に進める。Camellia搭載製品の開発や事業化、導入などを希望する企業との連携も図る。

 NTTによれば、OpenSSL toolkitにCamelliaが採用されたことは、「米国政府標準暗号であるAESと同等の安全性と処理性能を有する世界唯一の暗号方式としてCamelliaの位置付けがより確かなものになった」としている。

 SSLは、Netscapeが開発した暗号通信プロトコルであり、ネットで送受信されるデータを暗号化し、安心して通信が行えるようにする仕組み。TLSは、SSL 3.0の次期バージョンとして名称変更を行ったうえでIETFにより標準化された。

 現在のIEやFirefoxなどのブラウザにはSSL/TLSが標準で搭載されているため、ECサイトやネットバンキングなどのサービスを利用する際、暗証番号やクレジットカード番号、個人情報などの送信のためにSSL/TLSを使うケースが一般的。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]