新光証券、シスコのIPベースのコールセンターを採用--マルチサイト化に対応

CNET Japan Staff 2006年11月14日 18時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シスコシステムズは11月13日、新光証券がコールセンターに、シスコのユニファイド・コンタクト・センター・ソリューションを導入したことを発表した。

 新光証券は、2001年に構築されたコールセンターシステムを運用していたが、システムの老朽化などによりレスポンスが悪化。Windows NT 4.0のサポート切れも迫ってきた。システムそのものに大きな問題はなかったものの、構築から5年が経過しており、新しい業務に対応していくのが無理と判断し、2004年ごろから将来に備えた検討を始めていた。

 その結果、複数のコールセンターを連携して運用するマルチサイト化に対応するために同ソリューションを利用した、IPベースのコールセンターへのリプレイスを決定。2006年9月30日に稼働を開始した。

 システム全体を見ると、データセンターに「Cisco Unified Call Manager Enterprise」と「Cisco Unified Contact Center Enterprise」を設置している。コールセンターでは、担当者のデスクにIP電話端末「Cisco IP Phone 7960G」とPCを配置し、電話がかかってくると音声自動応答機能で顧客の要望を特定し、オペレータのスキルに応じてコールを割り振る。

 導入後に感じたメリットは、コールセンターを拡張する際の選択肢が拡大したことをはじめ、コールセンターのマルチサイト化が可能になったこと、営業店にかかってくる電話をコールセンターで受けることなどで営業スタッフの負担を削減できたことなど。運用の一元化により、管理レベルも向上した。

 2007年1月には第2コールセンターも稼働する予定だ。

 新光証券が導入したUnified Call Manager Enterpriseのヴァージョンは7.0。新光証券の導入決定時には、7.0は発売直後でワールドワイドでの導入事例は存在していなかった。

 だが、新光証券ではコールセンターの稼働状況に関するリアルタイムレポーティングや、スタッフのスキル設定の動的な変更が可能という機能を備えていることから、7.0の導入を決めている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算