Apache Harmony、インキュベータ段階を卒業--トップレベルプロジェクトに

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年11月15日 17時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソース版Javaプロジェクトの「Apache Harmony」が、インキュベーション段階を脱し、正式なApacheプロジェクトとなった。

 2005年にスタートしたApache Harmonyは、デスクトップシステムを対象とした Javaプラットフォームである「Java Platform Standard Edition(Java SE)」のオープンソースによる実装を目指すプロジェクトだ。

 Harmony Project Management Committeeの委員長Geir Magnusson氏は11月14日、約2週間前に行われたApache Software Foundation理事会の投票で、Harmonyをインキュベータからトップレベルプロジェクトへと昇格させることを決定したと述べた。

 11月13日にはSun Microsystemsが、GNU General Public License(GPL)バージョン2の下でJava SEなどのコードを公開することを明らかにしている。

 Magnusson氏は自身のブログで、SunのJavaオープンソース化計画と並行してHarmonyを続けていくと書いている。

 Magnusson氏はブログで「ApacheとSunが持つコミュニティは異なり、ライセンス、貢献の条件、管理モデルも異なる」と述べ、「(SunがJavaをオープンソースにしたことは)われわれの取り組みに変更を与えるものではない。ユーザーや貢献者にとってオープンソース版Javaの選択肢が増えることを意味するだけであり、これは好ましいことだ」としている。

 Apacheによると、インキュベータからトップレベルに昇格させるというApacheの決定は、Harmonyが十分なコミッターを集めていることが認められたことであり、これは長期的な安定を示唆するものだという。

 2年前にSunにJavaをオープンソースとして公開するよう促したIBMは11月13日、Sunの動きに失望したという内容の声明を発表している。

 IBMは声明で、Sunは、新たにオープンソースのJavaプロジェクトを立ち上げるよりも、HarmonyなどのすでにあるApacheプロジェクトにソースコードを貢献するべきだった、と述べている。IBMは、Harmony参加企業の1社でもある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化