編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ウェブセンス、Webベースの脅威の発見から数分内にユーザーを保護する技術

WebBCN (BCN)

2006-11-27 10:24

 ウェブセンスは、犯罪者がWebセキュリティ攻撃を開始する前にインターネットの脅威を識別するセキュリティ・アプローチ「Websense Threatseeker」を開発し、11月21日に発売したウェブセンスのWebセキュリティソフト「Websense Web Security Suite バージョン6.3」と「Websense WebSecurity Suite - Lockdown Edition バージョン6.3」に実装した。

 「Websense ThreatSeeker」は、ユーザーが情報漏えいやセキュリティの侵害などの被害を受ける前に、インターネットの脅威を探し出し、パッチやシグネチャの作成を待たずに脅威からインターネットユーザを保護する技術。新種の脅威の解読に使用する100種類以上のプロセスとシステムをベースとしている。

 数学的なアルゴリズムや挙動プロファイリング、コード解析などの手法を組み合わせ、広範囲のデータ・マイニング・マシン・ネットワークを駆使して、脅威に関する情報を継続的に同社のセキュリティ製品に反映する。これにより、脅威の発見から数分以内にユーザを保護することができる。

ウェブセンス・ジャパン=http://www.websense.jp/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]