編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、認定資格「MCP」向けの支援サービスを開始

吉澤亨史

2006-11-28 21:07

 マイクロソフトは11月28日、IT技術者向けのマイクロソフト製品の認定資格「Microsoft Certification Program」(MCP)の資格取得者と受験者向けに3種類の支援サービスを開始すると発表した。

 提供されるサービスは、「MCPアクションパック」「『TechNet Plus Direct サブスクリプション』MCP資格者向け特別優待」「MCPオンラインコンシェルジェサービス」の3種類。Windows Vistaや2007 Microsoft Office systemなど新製品のリリースに合わせて提供することで、マイクロソフト製品や技術のスキル習得を全面的に支援する。

 MCPアクションパックは、資格試験に不合格だった場合の保険機能を付帯したMCP受験チケット。1回目受験で不合格の場合には、同一科目の2回目受験が無料になり、受験者の心理的、費用的負担を軽減する。なお、1回目の受験で合格した場合には、次回別科目の受験料が25%割引になる。

 「TechNet Plus Direct サブスクリプション」MCP資格者向け特別優待は、サブスクリプションをMCP資格者を対象に特別優待価格で提供するもの。マイクロソフトの最新ソフトウェアと技術情報が年間を通してオンラインで試用、入手できるため、資格取得後の継続的なスキルアップと業務効率の向上を実現できる。

 MCP オンラインコンシェルジェサービスは、MCP資格者専用のオンラインコンシェルジェによる技術情報検索支援サービス。問題に対し必要な情報を素早く入手し解決することで、本業に専念できるようにする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]