編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

サン、デスクトップ向けJavaプラットフォーム「Java Standard Edition 6」を提供開始

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-12-12 12:35

 Sun Microsystemsは米国時間12月11日、Javaとスクリプト言語の融合を目指したJDK(Java開発キット)を提供開始した。

 同社が提供開始した「Java Standard Edition 6」(Java SE 6)は、デスクトップ向けJavaプログラムの開発に必要なソフトウェア。Sunの幹部らは、ロンドンで開催されたイベントで、Java SE 6のリリースを発表した。

 Sun幹部らによると、Java SE 6では、Javaに加えてスクリプト言語でもアプリケーションを書くことができるようになったという。Java SE 6は「Java Specification Request 223」に準拠しており、JavaScriptやPythonなどのスクリプト言語をJava Virtual Machine(JVM)上で実行することが可能である。

 SunのJavaプラットフォーム製品マーケティング担当シニアディレクターであるJean Elliott氏は、「異なるスキルをもった開発者たちで構成されるチームで作業する場合、異なる言語を簡単にまとめられるような柔軟な環境が喜ばれる。これまでもこうした方法がまったくなかったわけではないが、これからはいっそう簡単に実現できるようになる」と述べる。

 スクリプト言語は、ウェブアプリケーションのを作成に使う言語として人気が高まっており、特にフロントエンドのユーザーインターフェースを作成する際に多く利用されている。例えばPHP言語などは、ウェブポータルのLycosやYahooをはじめ、非常に多くのサイトで利用されている。

 最新版のJavaソフトウェアを利用すれば、複雑な計算やデータベース処理などの作業を行うサーバ用のJavaプログラムをある開発グループに任せ、その一方でスクリプト言語に詳しい開発者らがユーザーインターフェースを作成するようにすることが可能になる。

 さらにSun幹部らによると、Java SE 6には「Project Tango」のソフトウェアも組み込まれるという。Tangoは、Microsoft .NETのWebサービスとJavaの相互運用性を向上させることを目指したプロジェクト。たとえば、MicrosoftのセキュリティモデルとJavaのそれとの架け橋となっているのもTangoだと、Elliot氏は語っている。

 Sunは11日、オープンソース開発ツールの「NetBeans 5.5」がJava SE 6とその関連開発ツールキットをサポートすることも明らかにした。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]