キヤノンSOLとNECソフト、メールフィルタリングソフト最新版を1月に発売

ニューズフロント

2006-12-14 14:19

 キヤノンシステムソリューションズ(キヤノンSOL)とNECソフトは12月13日、メールフィルタリングソフトの最新版「GUARDIANWALL Ver7.0」と、同ソフトとウェブフィルタリングソフト「WEBGUARDIAN」を統合管理するセキュリティソフトの最新版「GUARDIANSUITE Ver4.0」の販売を、2007年1月10日に開始すると発表した。

 GUARDIANWALLは、電子メールを保存・検査することで情報漏えいを防ぐメール用フィルタリングソフト。キヤノンSOLがSolaris向けとして開発し、NECソフトの協力を得てLinuxに移植した。対応OSは、Solaris 8/9/10(Intel版Solarisには非対応)、Red Hat Enterprise Linux AS/ES、Turbolinux、MIRACLE LINUXとなる。

 GUARDIANSUITEは、GUARDIANWALLとWEBGUARDIANを統合管理するためのソフトツール。メール送受信、掲示板やブログへの書き込み、ウェブサイトへのアクセスを制御、記録、分析し、「情報漏えいのリスクを低減し、企業コンプライアンスを推進する」(両社)という。最新版に搭載した主な新機能は以下の通り。

  • トランザクション監査
  • 管理者オペレーション監査
  • 統計情報
  • 個人情報検査
  • LDAP対応管理アカウント
  • 強化版アカウント・パスワード管理
  • 強化版スケジューラ

 また、最新版のリリースにともない、これまでオプション製品として販売していた全文検索機能付き保存メール管理システムを標準搭載する「Advancedモデル」と、同システムを搭載しない「Standardモデル」という2モデルに分ける。各製品・モデルの価格と年間保守料金は以下の通り(金額はいずれも税別)。

  • GUARDIANWALL Standardモデル
    価格:96万円から 保守料金:14万円から
  • GUARDIANWALL Advancedモデル
    価格:130万円から 保守料金:18万円から
  • GUARDIANSUITE Standardモデル
    価格:162万9000円から 保守料金:24万4350円から
  • GUARDIANSUITE Advancedモデル
    価格:193万5000円から 保守料金:27万6750円から

 キヤノンSOLとNECソフトでは、GUARDIANWALLとGUARDIANSUITEを合わせて、販売開始から3年で1000社への導入を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]