編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

東芝テック、海外拠点の情報共有でコグノスのBI製品を導入

CNET Japan Staff

2006-12-16 01:45

 コグノスはこのほど、東芝テックがグローバルな情報共有のために同社製品の導入を決定し、2008年度までに画像情報通信カンパニーの全グループでビジネスインテリジェンス(BI)システムを稼動する予定だと発表した。

 東芝テックの画像情報通信カンパニーのBI導入は、グローバルSCM構築の一環。従来、ERPからPCサーバにデータを転送し、スタッフがPC上でExcelを操作してデータ加工していたが、この作業を多次元データ分析の可能なBI製品によって置き換える狙いだ。

 採用前に、複数のBI製品を実機環境でテストし、約40項目における比較の結果、最高得点となったコグノス製品の導入を決定。2005年にグローバルな導入の契約を締結した。

 現在、東芝テックではコグノス製品を利用したSCM構築により、グローバルな在庫管理や売上情報などを共有しているという。今後は、アフターセールス統括部におけるサポート情報や品質保証統括部におけるクレーム情報などの共有・分析にも展開される予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]