編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

IBMとリコー、印刷システムの新会社を共同で設立へ

文:Candace Lombardi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-01-26 13:15

 IBMおよびリコーは米国時間1月25日、合弁会社を設立する契約の一環として、IBMのプリンティング・システム事業部をリコーの完全子会社として移管することを発表した。

 両社は、IBMのプリンティング・システム事業部を基礎として、新会社であるInfoPrint Solutionsを設立する。InfoPrint Solutionsの所有権は、今後3年をかけてリコーへ完全に移されるという。

 契約条件は、IBMがリコーから7億2500万ドルを現金で受け取ると定めている。このうち3500万ドルはマネジメント費用で、IBMは、向こう3年間InfoPrintに特定のロイヤリティと保守サービスを提供する。

 リコーは、予定では2007年第2四半期に現金の支払いを終え、それまでにInfoPrintの株式の51%を、その後3年間で残りの49%を取得する。2回目の支払いは新会社の収支を踏まえて再検討され、株式移管の終了時に行われる。発表によれば、これらの手続きがすべて完了した時点で、InfoPrintがリコーの完全子会社になるという。

 リコーの社長兼最高経営責任者(CEO)である桜井正光氏は声明の中で、「出力および印刷関連のソリューションプロバイダーとして世界的なリーダーを目指すリコーにとって、このたびの買収契約は重要な意味を持っている」と述べ、「われわれはInfoPrint Solutions Companyをコアビジネスに成長させるため必要な資金を投入していく」と語っている。

 規制当局の認可はまだ下りていないものの、InfoPrintは1200名の社員を雇用する予定だ。現在IBMのプリンティング・システム事業部でゼネラルマネージャーを務めているTony Romero氏が、InfoPrintの社長兼CEOとなる。

 さらに1000人を超えるIBMの保守サービス専門スタッフが、順次InfoPrintに移籍することになっているという。InfoPrintの本拠地は、IBMのプリンティング・システム事業部と同じコロラド州ボールダーに置かれ、引き続きIBM Global Financingが財政ソリューションを提供する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]