編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

富士通、自動車業界向け製品環境情報管理システムを販売開始

CNET Japan Staff

2007-01-29 07:25

 富士通と富士通長野システムエンジニアリング(FNS)はこのほど、自動車部品サプライヤー向けの環境情報管理システム「PLEMIA/ECODUCE Automotive Edition (プレミア/エコデュース オートモーティブ エディション) 」の出荷を開始した。

 同システムでは、部材の化学物質含有量などの環境データの一元管理が可能。日本自動車工業会のグリーン調達のための統一調査データシートに対応するため、環境配慮型製品設計やグリーン調達調査・報告の効率化を実現できる。

 また両社は、欧州ELV指令に対応する自動車部品の材料および含有物質データベース「IMDS(International Material Data System)」に対応するオプション製品「PLEMIA/ECODUCE Automotive IMDS Option(アイエムディーエス オプション)」の出荷も開始する。

 価格は、PLEMIA/ECODUCE Automotive Editionが600万円より。PLEMIA/ECODUCE Automotive IMDS Optionが300万円より(いずれも税別)。今後3年間で500ライセンスの販売を目指す。

スクリーンショット PLEMIA/ECODUCE Automotive Editionのスクリーンショット

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]