JALと日本ユニシス、ICタグ利用の国内貨物計量システムを共同開発・実用化

CNET Japan Staff 2007年02月21日 19時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)と日本ユニシスは2月20日、共同開発してきたICタグ利用の貨物コンテナ計量システムを実用化したことを発表した。

 新システムでは、「貨物コンテナに取り付けたICタグ」、「ICタグ内の情報を無線で読み取るハンディターミナル」、「フォークリフト上に設置された専用端末」を活用。人が介する作業を軽減しながら情報を送受信できる。

 コンテナの番号と重量の情報は航空機の離着陸時や飛行中のバランスを適切に保つための搭載計画の作成に不可欠で、これまでこうした情報管理は手入力で行われ、何度も再確認する必要があった。JALでは、今回のシステム導入でこれら作業の軽減を見込む。

 また基幹空港における従来型ICタグを活用したシステムに比べ、システムの初期導入費用を軽減することが可能となるほか、ICタグの購入および維持コストが軽減できるため、全国展開時の費用を大幅に低減することが可能となるという。加えて東京に設置したサーバでデータベースを一元管理できるため、空港ごとに行う必要がある保守管理の費用を削減できるとしている

 今回採用したICタグは2.45GHz帯の「パッシブ型」。パッシブ型は、電池などの電力源を持たず、リーダ/ライタからの電波により電気を発生させ通信を行うICタグを指す。

 また、今回採用したICタグは、従来から基幹空港で使用していた「セミパッシブ型」のICタグに比べ、1枚あたりの購入コストやバッテリー交換などの維持コストを大幅に低減しているという。セミパッシブ型は電池を内蔵し、リーダ/ライタからの電波を受信すると自ら保持している電力を用いて電波を発信するICタグを指す。

 すでに鹿児島空港内の上屋(貨物を雨露から守るために設置される建造物)に試験導入されており、今後、神戸や北九州など国内13空港の上屋に本格導入する。

説明 今回開発されたシステムの対象範囲
※クリックすると拡大画像が見られます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化