Gmail、カレンダーをSaaS形式で--Google Apps製品版、日本の料金は年間6300円/人に

柴田克己(編集部) 2007年02月23日 17時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間の2月22日、メール、カレンダーといったGoogleアプリケーションを企業ユーザー向けにサブスクリプションベースで提供するサービス「Google Apps Premier Edition」を発表。23日には、日本においてもプレス向けの説明会が行われた。

 Google Apps Premier Editionは、以前「Google Apps for Your Domain」の名称で提供されていたベータサービスの製品版だ。独自ドメインでの利用が可能なウェブメールサービスの「Gmail」、インスタントメッセージングおよびIP電話サービスの「Google Talk」、スケジューリングツールの「Google Calendar」およびウェブ上で利用できる文書作成、表計算ツールである「Google Docs&Spreadsheets」などをパッケージ化したものである。

 Premier Editionは、1アカウントあたり6300円/年で提供され、Gmailのストレージ容量は、アカウントごとに10Gバイトまで利用できる。メールインタフェース上でのテキスト広告の表示、非表示を選択できるほか、Gmailサービスの99.9%の稼働保証、フルタイムサポートも提供される。なお、従来の無料版も「Standard Edition」の名称で、引き続きサービスが行われている。

グーグルの大須賀利一氏 グーグル、エンタープライズセールスマネージャーの大須賀利一氏。

 グーグル、エンタープライズセールスマネージャーの大須賀利一氏は、Google Apps提供の目的について、ビジネスで利用されるデジタルデータの加速度的な増加や、機能や部署ごとにハードウェアやアプリケーションが乱立し、複雑化している企業システムの現状に言及。「SaaSは、そうした複雑さを軽減するテクノロジーである」と述べ、システム管理者やエンドユーザーの生産性を向上させるための選択肢のひとつであるとした。

 Google Apps Premier Editionでは、シングルサインオンやユーザー管理を実現するための統合APIが提供されており、米国でも複数のパートナー企業からソリューションが提供されている。日本においても、同社の検索アプライアンスなどで協力関係にあるパートナーを中心に、交渉を進めている段階という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化