編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Gmail、カレンダーをSaaS形式で--Google Apps製品版、日本の料金は年間6300円/人に

柴田克己(編集部)

2007-02-23 17:38

 Googleは米国時間の2月22日、メール、カレンダーといったGoogleアプリケーションを企業ユーザー向けにサブスクリプションベースで提供するサービス「Google Apps Premier Edition」を発表。23日には、日本においてもプレス向けの説明会が行われた。

 Google Apps Premier Editionは、以前「Google Apps for Your Domain」の名称で提供されていたベータサービスの製品版だ。独自ドメインでの利用が可能なウェブメールサービスの「Gmail」、インスタントメッセージングおよびIP電話サービスの「Google Talk」、スケジューリングツールの「Google Calendar」およびウェブ上で利用できる文書作成、表計算ツールである「Google Docs&Spreadsheets」などをパッケージ化したものである。

 Premier Editionは、1アカウントあたり6300円/年で提供され、Gmailのストレージ容量は、アカウントごとに10Gバイトまで利用できる。メールインタフェース上でのテキスト広告の表示、非表示を選択できるほか、Gmailサービスの99.9%の稼働保証、フルタイムサポートも提供される。なお、従来の無料版も「Standard Edition」の名称で、引き続きサービスが行われている。

グーグルの大須賀利一氏 グーグル、エンタープライズセールスマネージャーの大須賀利一氏。

 グーグル、エンタープライズセールスマネージャーの大須賀利一氏は、Google Apps提供の目的について、ビジネスで利用されるデジタルデータの加速度的な増加や、機能や部署ごとにハードウェアやアプリケーションが乱立し、複雑化している企業システムの現状に言及。「SaaSは、そうした複雑さを軽減するテクノロジーである」と述べ、システム管理者やエンドユーザーの生産性を向上させるための選択肢のひとつであるとした。

 Google Apps Premier Editionでは、シングルサインオンやユーザー管理を実現するための統合APIが提供されており、米国でも複数のパートナー企業からソリューションが提供されている。日本においても、同社の検索アプライアンスなどで協力関係にあるパートナーを中心に、交渉を進めている段階という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]