「英国でのVista価格は割高」--値下げ求める署名が英政府サイトに殺到

文:Colin Barker(CNET News.com) 翻訳校正:向井朋子、高森郁哉 2007年02月26日 19時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業や消費者がMicrosoftの新OS「Windows Vista」の導入を進める中、ある疑問を投げかける声が次第に大きくなっている。その疑問とは、Vistaの価格はなぜ米国よりも英国の方がはるかに高いのか、というものだ。

 この問題に対する怒りにあおられる形で、英政府のウェブサイトに電子的な陳情の窓口が開設され、国民の署名を受け付けている。現地時間2月23日午前に大勢がアクセスして署名し、丸1日たたないうちに1250以上の署名が集まった。

 陳情の窓口は、政府のウェブサイトの10 Downing Streetセクションに設置されており、受付が締め切られる4月20日の後、英国首相の執務室に送付される。この陳情では、Tony Blair首相に対し、Microsoftに圧力をかけて「英国でVistaに高すぎる値段を付けるのをやめさせる」ことを求めている。

 陳情では、「米国人と英国人がWindows Vistaに支払う代金の途方もない格差」を指摘し、「Windows Vista Ultimate」エディションの価格が英国では683.80ドル(350ポンド)なのに対し、米国では293ドル(150ポンド)だと主張している。

 Vistaの小売価格は均一ではないため、これらの数字がどこから引用されたのかはわからない。例えば、Amazon.comとAmazon.co.ukでの希望小売価格を見てみると、Vista Ultimateエディションの場合、米国では399.99ドル(203ポンド)に設定されている一方、英国では722.85ドル(369.99ポンド)となっている。

 陳情の目的を分かりやすく伝えるため、発起人らは、米国と英国のVistaで最も価格がかけ離れているエディションを取り上げた。

 大ざっぱに言って、Vistaの多くのバージョンでは、英国では米国のほぼ2倍の値段が付いている。しかし、「Windows Vista Home Basic」エディションのアップグレード版の場合、米国では159ドル(81ポンド)だが、英国では193ドル(99ポンド)で、英国での割り増し分はほぼ20%程度だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化