編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

短期間、低コストでSOAを実装できる日本BEAの「SOAスターターキット」

CNET Japan Staff

2007-03-02 02:22

 日本BEAシステムズは3月1日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)の実装を加速化させることを目的とした新しいプログラム「SOAスターターキット」の提供を開始したことを発表した。

 SOAスターターキットでは、SOAリファレンスアーキテクチャやサービス分析/設計ガイド、サービス実装ガイド、サービス連携ガイドで構成されるSOA実践ガイドライン「SOA/ESBベストプラクティス」により、SOAを実装するための第一歩を顧客企業に提供する。

 また、国内15社以上で実践してきたノウハウをもとに最適なSOAを導きだす「SOAワークショップ」、国内20社以上の検証をパターン化した「SOAプロトタイピング」で構成される「SOAスタートプログラム」を提供。SOAワークショップは、基本的に週1日、5週間連続で実施される。

 同プログラムではさらに、1ライセンスのBEA AquaLogic Service Bus、プロダクションサポート、1名分のトレーニングも提供される。価格は1セット498万円。1社1セット限定で販売される。

 SOAスターターキットの成果物としては、顧客企業ごとにカスタマイズされた「SOAリファレンス・アーキテクチャ」「SOAロードマップ」「SOAプロトタイプ」を作成。短期間、低コストでSOAベースのシステムを構築できる。

 なお、日本BEAシステムズでは、各種業種別および共通ソリューションを含むSOA関連のポータルサイトを同社ウェブサイトで公開している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]