編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

日本HP、アジア太平洋地域向けのPC関連ハード標準化購入プログラムを開始

ニューズフロント

2007-03-07 16:15

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は3月7日、日本を含むアジア太平洋地域で業務展開する企業向けとして、IT資産(PC、ワークステーション、プリンタ)の標準化購入プログラム「アジア・パシフィック標準化購入プログラム」を提供開始した。

 この標準化購買プログラムは、1年間にPCを約1000台以上購入する見込みのある企業が対象。北朝鮮とミャンマーを除くアジア太平洋地域の各国で提供する。

 同プログラムを利用すると、指定された機種/構成のPC、ワークステーション、プリンタを、あらかじめ合意した価格で発注できる。固有のOSイメージのプリインストールや、固定資産シールなどの事前添付にも対応可能。

 そのため、発注にともなう機種や構成の選択、交渉や見積もり取得などを毎回行う必要がなくなる。また、アジア太平洋地域での発注窓口を集約し、導入したIT資産の管理も同時に行えるため、サポート業務も大幅に簡略化できるという。

 プログラム利用に関わる費用は、ハード価格およびファクトリサービス料金のみとなっており、そのほかに特別な費用は必要ない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]