編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

オラクル、高速処理アプリの開発を容易にするインメモリDB「TimesTen 7」を発表

柴田克己(編集部)

2007-03-07 22:34

 日本オラクルは3月7日、組み込み、リアルタイムシステム用途向けのインメモリ・データベース「Oracle TimesTen In-Memory Database7」(Oracle TimesTen 7)を4月3日に出荷開始すると発表した。

 Oracle TimesTen 7は、同社が2005年6月に買収したTimesTenをベースに開発が行われた製品。拡張SQLのサポートなど、Oracle Database 10gとの互換性が高められたほか、バックエンドのOracle Database内のデータをリクエストに応じてロードする動的なキャッシング機能を備える。リアルタイム性の高い処理を求められる機器への組み込み用データベースとしてだけでなく、金融、物流など、特に高速なデータ処理が要求される企業アプリケーションにおけるデータキャッシュとしてのTimesTen導入も推進したい考えだ。

 同社では、証券・債券取引システムにおける自動取引やアルゴリズム取引の採用、インターネットやカード取引における不正使用のリアルタイム監査、RFIDを利用したリアルタイムサプライチェーンの構築など、企業アプリケーションの分野でもより高速なデータ処理が求められるようになってきているとし、Oracle TimesTenの導入によって、そうしたシステムの開発工数や期間を大幅に削減できるとしている。

 オラクルは同日、NECのNGN(次世代ネットワーク)向けソフトウェアプラットフォーム製品群「NC9000シリーズ」の加入者管理機能にOracle TimesTenが採用されたことも合わせて発表している。

 Oracle TimesTen In-Memory Database 7の価格は150万円(税別:データストアサイズ2Gバイト以下)より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]