編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NRI、SIフレームワーク「オブジェクトワークス」新版を出荷--BPMなどを搭載

CNET Japan Staff

2007-04-11 18:13

 野村総合研究所(NRI)は4月10日、オープン環境でのミッションクリティカルな基幹系システムのインテグレーションを可能にするSIフレームワーク「オブジェクトワークス」の新版R8.5の出荷を開始した。

 オブジェクトワークスは、NRIのシステム構築およびアプリケーション開発のノウハウをベースとして構成された、J2EE/.NET Framework環境下におけるシステム開発・実行基盤製品であり、システム基盤を構築するためのフレームワークになる。

 「開発基盤」と「実行基盤」からなり、アプリケーション開発フレームワークの機能、トランザクション制御やセキュリティコントロール、システム連携、印刷機能などのIT基盤機能を搭載している。

 今回リリースされる新版では、BPM (ビジネスプロセス管理)/ワークフローの機能を搭載。組織や作業者をまたいで関連するプロセスを、ビジュアルなワークフロー定義環境を利用して制御できるようになった。

 また、プロセスを実行するプログラムと、その流れを制御するためのワークフローを明確に分離。複雑なビジネスプロセスを有するアプリケーションの生産性を高めることができるという。既存のアプリケーション資産の有効活用や独立して構築されたシステム同士の連係、そのシステム連係の組み換えも可能になった。テスト工程に対する支援機能も切り出され、新コンポーネントとして提供される。

 NRIグループのIT基盤ソリューション「GranArch(グランアーク)」の「システム基盤ソリューション」中核製品のひとつとして提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]