日本ベリサインとNRIなど、フィッシング対策用のIEツールバーを共同提供

ニューズフロント 2005年06月28日 17時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサイン、野村総合研究所(NRI)、NRIセキュアテクノロジーズの3社は6月28日、フィッシング詐欺対策ソリューションを7月より共同提供すると発表した。第一弾として、ウェブサイトの信頼性を確かめて偽サイトアクセスの危険を減らすソリューションを販売する。

 3社は、NRIの認証/セキュリティ基盤製品「オブジェクトワークス/OSM Advanced Edition」を機能拡張し、Microsoft Internet Explorer用のツールバーを提供する。これにより、ウェブサイト閲覧時に接続しているサイトの信頼度を確認でき、「万一、偽サイトに誘導されてしまっても、そのことに気付きやすくなる」(3社)という。

 信頼度表示のためにサーバで管理するサイトレーティング情報は、NRIセキュアの提供する安全性評価結果などを元にして更新する。この情報は、日本ベリサインが発行する証明書を使って電子署名することで、改ざんされた情報が利用されることを防ぐ。

 同ソリューションの価格は、正規企業サイトのデータベース登録更新料が年額数100万円から。利用料は顧客の提供するインターネットサービスのユーザー規模に応じて異なる。NRIでは、金融機関を中心に当年度30社への導入を目指す。

 NRIは、6月29日〜7月1日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されるソフトウェア開発環境展(SODEC)に、同ソリューションを参考出展する。

フィッシング対策ツールバーのイメージ


日本ベリサインのプレスリリース

野村総合研究所

NRIセキュアテクノロジーズ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算