編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

ホンダレーシングF1チーム、IBMのPLMソリューションで2008年のF1マシンを開発中

CNET Japan Staff

2007-04-17 10:25

 IBMは4月4日、Honda Racing F1 Teamが、IBMのソフトウェアおよびサービスを活用して2008年のF1(フォーミュラワン)世界選手権に出場するマシンを開発/製造することを発表した。新しいシステムは、Honda Racing F1 Teamが直面する業務課題の対処を強力に支援する。

 今回のソリューションは、Dassault Systemesの「CATIA」および「ENOVIA VPLM」をベースに、「IBM WebSphere Application Server」や「IBM Rational Rose Data Modeler」などのPLMソリューションを活用したもの。これにより、アプリケーションを顧客特有の要件に素早く適合させつつ設計および製造プロセスのあらゆる要素を統合することができる。

 IBMのミドルウェアソリューションと専門知識を活用することで、Honda Racing F1 Teamは、より高い水準の生産性を実現可能。また、仮想環境で完成車両を具現化できる能力により、F1で競争力を維持するために必要な、高度なコラボレーションのプロセスも支援する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]