編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その10:オフィスを整備パート2--オブジェクトに影とスクリプトを追加 - (page 6)

大槻透世二(サイバーアドベンチャー株式会社)

2007-04-19 08:00

 「Contents」タブ上で新規のスクリプトをダブルクリックすると専用エディタで開くので、内容を下図のように書き換える。書き換え後、「Save」ボタンをクリックして保存する。

スクリプト

 このスクリプト自体は、単純なスクリプトだ。それぞれの数値を変えると変化が生じる。例えば、<0.5,0.0,0.4>の0.4を1.4に変えると、アバターが座る位置が1m上部にずれる。

スクリプト

 つまり、「llSitTarget()」というのは、オブジェクトのどの位置に座るかを示すスクリプトなのだ。今回は特に難しいオブジェクトの形をしていないので、先ほどの数値を少々変えれば済むが、大きなオブジェクトや複雑な形のオブジェクトになると、座る位置を調整した方がよい場合がある。まぁ、あまり難しいことは考えずに、この数値を変えればどこに座るかを選べる、と覚えておけばいいだろう。

 「llSetSitText("sit")」は、椅子を右クリックすると現れる丸いメニュー(パイメニュー)で、「sit」という文字列を表示するために使われている(下図左)。例えば、「llSetSitText("sit")」で「sit」を「Jump in!」に書き換えると、パイメニューには「Jump in!」と表示される(下図右)。

スクリプト

 このように、スクリプトをオブジェクトに入れることによって、座る時のアバターを制御できるようになり、パイメニューの表示を自分仕様に変えることもできる。

 さて、今回は、テーブルと椅子で終わってしまった。しかし、新しい表現と、スクリプトを少し見てみた。次回も、少しスクリプトを見てみよう。オフィスには欠かせないものだ。それでは、次回をお楽しみに。

大槻透世二氏
大槻透世二サイバーアドベンチャー(株)
代表取締役社長/CEO

デジタルハリウッド大学院
次世代インターフェース研究室 研究員
Second Life研究室 研究員/プロデューサー
Linden社推薦 Second Lifeセミナー講師

東北大学心理学専攻卒業。1年間のLA留学を経て、ソリッドレイ研究所でバーチャルリアリティのシステムインテグレーション、立体映像システム構築、HMDシステム構築などを経験。IT系コンサルティング会社を経て、デジタルハリウッド大学大学院コンテンツマネジメント修士課程修了(MCA)。その後、Linden Lab本社にてSecond Lifeカリキュラムのトレーニングを受ける。現在デジタルハリウッドにて「Second Life」セミナーを開催。また、バーチャルリアリティ、メタバース関連のシステム開発/プロデュースを行うサイバーアドベンチャー(株)を設立し、そのCEO職に就いている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]