編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オープンソース支持者、MS会長ゲイツ氏の講演に乱入

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-04-24 08:12

 Associated Pressの報道によると、米国時間4月20日、Microsoftの会長Bill Gates氏の講演中に、フリーおよびオープンソースソフトウェアの支持者が壇上に乱入した。

 この中国人男性が抗議の紙を掲げてステージに上がってきたのは、Gates氏が北京大学でのスピーチを終え、学生に賞を授与しているときだった。ケガ人はなく、男性は警備員に取り押さえられたとAssociated Pressは伝えている。

 フリーソフトウェアやオープンソースソフトウェアのプログラミングモデルの下では、利用者がソースコードを参照、修正、配布することが可能になっている。Microsoftは、これとは反対の立場をとる商用ソフトウェアを販売しており、ほとんどのソフトウェアにおいて、ソースコードを公開せず、厳重に管理する方針がとられている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]