編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ランドスケイプ、名刺OCRソフトと企業情報データベース閲覧サービスを連携

ニューズフロント

2007-04-26 21:46

 ランドスケイプは4月25日、同社の企業情報データベース閲覧サービスと、パナソニックソリューションテクノロジーの名刺OCRソフト「ScanToOffice Card Ver.2」との連携機能を発表した。

 ScanToOffice Cardは、キヤノン製複合機「image RUNNER」「Color image RUNNER」と組み合わせて利用する名刺用OCRソフト。名刺を複合機でスキャンし、PCに名刺の画像を転送すると、自動的に名刺管理ソフト「名刺読取革命Lite Ver. 2」で文字認識を行い、名刺データを管理できる。

 ランドスケイプは、企業情報データベース閲覧サービスとScanToOffice Cardを連携させ、名刺からデータベース検索を容易に行えるようにした。

 ランドスケイプのデータベースには、750万件の企業情報が入っている。業種や所在地、電話番号などの基本的な情報だけでなく、従業員数、決算年月、売上高などの情報も登録してある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]