Java生みの親の苦しみ?--オープンソース化について語るサンのジェームス・ゴスリング氏

山下竜大(編集部) 2007年05月10日 21時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsがカリフォルニア州サンフランシスコで開催している「2007 JavaOne Conference」2日目の5月9日、同社のCTO(最高技術責任者)兼バイスプレジデントでサンフェロー、クライアントグループを率いるJames Gosling氏がインターナショナル(北米以外)のプレス向けセッションに登場。Javaのオープンソース化について語った。

 JavaOneカンファレンスでSunは、Java Standard Edition(Java SE)のJava Development Kit(JDK)を、GPLv2ライセンスに従ってOpenJDKコミュニティに公開したことを明らかにした。

 同社のソフトウェア担当エグゼクティブバイスプレジデントであるRich Green氏が基調講演の中で「Javaのオープン化は完了した。今日は、Javaにとって歴史的な日だ」と話していることからもJavaのオープンソース化がいかにSunにとって重要な戦略であったかが想像できる。

 従来、SunはJavaをオープンソース化することに対し、あまり前向きでないと報道されてきた。その理由としてJavaをオープンソース化することで、Javaの派生ソフトウェアが誕生し、「Write Once, Run Anywhere(一度書けば、どこでも動く)」というコンセプトを実現することが難しくなることが挙げられる。

 しかしGosling氏は、「Javaに関しては、かなり以前からオープンソース化を考えていた。具体的に言えば、マイクロソフトとJavaのライセンス契約に関して争っているころからだ。このころSunでは、Netscapeから生まれた“Mozillaプロジェクト”に関わっており、すでにオープンソースコミュニティに関わっていたし、オープンソースについて理解していた」と話す。

 SunがJavaのライセンス契約に違反し、独自の改良を加えたとしてMicrosoftを提訴したのが1997年、NetscapeがMozillaプロジェクトを立ち上げたのが1998年であることから、Gosling氏の話しには説得力がある。

 「ライセンス問題や相互運用性の確立など、いくつかの懸念があったのは事実だ。しかしSunでは、当初よりJavaのオープンソース化を積極的に推進していた。Javaをオープンソース化することで、(Microsoftのように)別のJavaを生み出したり、Java自体を変化させてしまう人が出てくるのではないかという心配をする人もいるだろう」とGosling氏。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化