編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

日立、中国でウェブアクセシビリティ改善支援サービス/ソフトを販売

ニューズフロント

2007-06-12 16:15

 日立製作所は6月13日、中国の企業や大学、政府機関向けウェブアクセシビリティ改善支援サービスの提供と、ウェブサーバソフト「貼心広角」(中国向け「ZoomSight」)の販売を開始する。

 日立によると、中国では2008年に北京オリンピックが開催されることから、高齢者や視覚障害者、外国人などでも利用しやすいウェブサイトが求められており、アクセシビリティ配慮の必要性が高まっているという。

 そこで、グループ会社の日立公共システムエンジニアリングと北京日立北工大信息系統が連携し、中国において貼心広角とアクセシビリティ向上コンサルティングサービスを提供する。

 貼心広角は、中国語や英語などによる音声読み上げ機能、画面および文字サイズの拡大機能を備えるウェブサーバソフトで、アクセシビリティの改善につながる。価格は2万元(約31万8000円)からとし、7月23日に出荷を開始する。日立では、貼心広角の販売目標を2010年までに300ユーザーとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]