「氷山」にも例えられる可能性が形になりつつある「仮想化」

文:Gemma Simpson(Silicon.com) 翻訳校正:株式会社アークコミュニケーションズ、坂野裕史

2007-06-15 08:00

 コスト削減の鍵を握る技術として最高情報責任者(CIO)の注目を浴びる仮想化だが、その可能性の一端が実現されたにすぎないと言われている。仮想化の概念と現在の状況についてQ&A形式で説明し、今後の見通しも紹介する。

--仮想化(バーチャライゼーション)?いかしたヘッドセットを付けてシミュレーションで作られた場所を歩き回り、エイリアンを撃つやつのこと?

 それは以前に盛り上がったバーチャルリアリティの話。今から話すのは、仮想のバージョンの何かを作る、という意味での仮想化のことで、サーバやストレージデバイスとかが対象だ。

--つまりどういうこと?仮想のものなら、現実世界では何の役にも立たないんじゃないの?

 手を伸ばして触れないからといって現実じゃないことにはならないし、むしろビジネスにとっては、ものすごく実質的なんだ。

--じゃあ、実際の例を教えて。

 コンピュータのハードディスクをそれぞれ異なるパーティションに分割したことがあれば、仮想化について少し分かるんじゃないか。この作業では、実質上別のハードディスクを2台作るために、ハードディスクを分割しているんだ。

 この概念が拡張されて、いろいろなソフトウェアが開発されてきた。こうして、例えば物理サーバにはいくつかの仮想サーバを収容できるから、それらの仮想サーバで異なるオペレーティングシステムを実行することもできる。

--でも、現実のものの代わりに仮想のバージョンを用意するメリットって何なの?

 多くの企業は、コストとスペースの面で効率的にITインフラの能力を増強したい場合に、仮想化を検討するんだ。

 企業が仮想化を使う最も一般的な例の1つが、データセンター内での利用だ。仮想化を使うことで、現実のサーバーラックには、複数のサーバから成る仮想化されたイメージがいくつも収容されるから、物理サーバの数を減らすことができる。

 物理サーバの数が減れば、ハードウェアの量が減って電気料金が安くなり、必要な冷却システムも減ることになるね。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]