カード詐欺からおサイフを守れ!--英国で導入進む「Chip and PIN」とは - (page 2)

文:Sylvia CarrおよびTim Ferguson(Silicon.com) 翻訳校正:株式会社アークコミュニケーションズ、坂野裕史

2007-07-13 08:00

--他に知っておかなくちゃならないことは?

 そうだね、PINがサインよりも本当に安全かどうかについては、まだ盛んに議論されているんだ。PINの方がサインより探り出しやすいと言う人もいる。キーパッドでPINを入力している人の後ろからのぞいて、番号を知ることだってできる。もちろんPINだけでは損害は発生しない。詐欺をしようとしている人物は、カードも手に入れる必要がある。また、2つのうちでサインの方が安全でないと主張する人たちは、その理由として特に、多くの店員は支払い時に、実際にサインを調べたり、カードのサインと比べたりしないことを挙げている。

--Chip and PINを使う必要があるの?

 外国の銀行カードやクレジットカードとか、Chip and Signature(チップと署名の併用型)カードなどの別のチップ入りカードを持っていないのなら、PINの4桁の番号を覚える必要があるだろうね。

--じゃあ、Chip and PINは当初期待されたように詐欺を一掃できたの?

 イギリスの支払決済機関であるAPACSは、Chip and PINの導入以来、これが詐欺の減少に大きな効果があったと述べている。イギリス国内のカード詐欺は、Chip and PINの導入に続く1年間で13%減少し、その翌年にはさらに3%減ったということだ。

 偽造カードによる詐欺も2005年には24%減少し、2006年には、小売店でのカード詐欺が何と47%も減ったんだ。つまり、Chip and PINが導入されてから2年間で、損害額が1億4670万ポンド減ったことになる。APACSは、切り替えの結果、買い物客は前より安全になり、盗まれたはずの数100万ポンドが詐欺師の手に渡らなかったと言っている。

--「しかし」という言葉がそろそろ出てきそうだね。

 そのとおり。カード詐欺は全体としては減少したんだけど、統計では、オンライン詐欺、電話詐欺、通信販売詐欺などのカードが介在しない(Card-Not-Present:CNP)詐欺が急増していて、2005年のオンラインバンキング詐欺は倍増したことがわかった。

 今では、カード詐欺による損害額全体のうち、CNP詐欺が約50%を占めていて、オンラインバンキングの損害額は44%増加している。APACSはこの手の詐欺が比較的新しいせいだとしており、皆がもっと注意するようになるまで、こうした詐欺は増え続けるだろうね。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]