編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Linuxでゼロから作るメールサーバ--第7話:DNSサーバの設定 - (page 3)

サイオステクノロジー Linuxシステムテクノロジー部

2007-07-17 13:01

服:次に、“/etc/named.conf”内で指定した実際のゾーンデータベースファイルを作成します。

07-03 作成した「/var/named/chroot/var/named/eo3ke.com.zone」(eo3ke.comの正引きファイル)の内容。各設定内容(行末にカッコ付きの数字があるもの)の詳細については、下表を参照。

(1) $TTL
キャッシュの有効期限で、このゾーンのレコードが他のDNSサーバでキャッシュされたときの寿命を指定。単位は秒。
(2) SOA
ゾーンデータベースの最初に記述するレコード。ただし、(1)のみ、ファイルの先頭に記述する。レコードの寿命やスレーブサーバによるゾーン転送に関わる設定。
(2-1) Serial
ゾーンデータベースのバージョンを表す。スレーブサーバはこの値を見て前回よりも大きければ、ゾーン転送を開始するため、更新する度により大きな数字にする。
(2-2) Refresh
更新確認の頻度。スレーブサーバーはこの間隔でマスターサーバーにアクセスする。単位は秒。
(2-3) Retry
再試行間隔。スレーブサーバがデータ更新に失敗した際のリトライ時間の間隔を秒で指定。
(2-4) Expire
ゾーン転送ができなかっととき、スレーブサーバが保持しているレコードを無効とするまでの時間。単位は秒。
(2-5) Minimum
ネガティブキャッシュの有効期間。検索に失敗したドメイン名の保持期間。通常は20(1200秒)。
(3) A
ホスト名に対応したIPアドレスを設定。
(4) NS

ゾーンを管理するDNSサーバの一覧。

(5) MX
メールの配送先を指定。
(6) CNAME
別名を設定。

07-04 作成した「/var/named/chroot/var/named/x.0.1.in-addr.arpa.zone」(eo3ke.comの逆引きファイル)の内容。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]