JavaFXをマスターしよう:基本的な構文--関数、メソッド、例外処理

沖林正紀 2007年07月23日 18時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JavaFXはJava環境でRIAを構築する技術としてリリースしたスクリプト言語だ。オープンソースで開発が進められており、内容は随時更新されている。

 前回でスクリプトを実行する環境を整えたので、今回からいよいよスクリプトを作成していこう。基本的な構文のうち、今回はプログラミングのベースになる関数、メソッド、例外処理について取り上げる。詳細はリファレンスを参照していただきたい

関数の定義

 リスト2-1は、1からnまでの総和を求める関数の定義だ。println()はSystem.out.println()と同じ動作をするメソッドだが、functionによる定義はJavaScriptのそれとまったく変わりがない。引数や戻り値にデータ型の定義がされていないので、引数が整数であっても小数点以下の数値でも計算は実行できる。ただ、引数が文字列だった場合には計算ができず、例外がスローされてしまう。これは問題だ。

リスト2-1 関数の定義

function sum( n )  {
  // 1からnまでの総和を計算
  var ans = n * ( n + 1 ) / 2;
  return ans;
}
println( sum( 10 ) );  ← コンソールに「55.0」と表示される

メソッドの定義

 そこで、引数nが文字列の場合には'引数は数値にしてください'というメッセージを出力することにしよう。そのためには、リスト2-2のようにしなければならない。変数に値を代入したり、値を返したりするだけの内容であればfunctionで定義できるのだが、処理の流れを制御するif文を追加するにあたって、functionをoperationに書き換えなければならないのだ。

 実は、リスト2-1をoperationで定義することは可能なので、functionはoperationの特別な形と考えることができる。これを厳密に書き分けるべきかどうかは、コーディング基準を決めるにあたって注意すべき点だろう。

リスト2-2 例外処理を含んだ場合(メソッドの定義)

operation sum(n)  {
  // nが数値がどうかを判定
  if ( n instanceof Number )  {
    // 数値なら計算する
    var ans = n * ( n + 1 ) / 2;
    return ans;
  }  else  {
    // そうでなければメッセージを返す
    return '引数は数値にしてください';
  }
}
println( sum( 10 ) );  ← 55.0
println( sum( '1からnまでの総和' ) );  ← 「引数は数値にしてください」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化