編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

適材適所のデータベース選択が重要--Firebird日本ユーザー会 - (page 4)

田中好伸(編集部)

2007-08-20 08:00

 「日本ではPostgreSQLのプレゼンスが高いですが、欧州では大きく異なっていました。2005年当時PostgreSQLは、以前のイメージからか“PostgreSQLは実験的意味合いの強いRDBMS”と思われているらしく、日本でのシェアが高いという話をすると不思議がられました。ただ翌年に参加したイベントでは、各種機能などでPostgreSQLが引き合いに出される場面が増え、風向きは変わりつつあります」(同氏)

 2006年にチェコで開催されたFirebirdの開発者イベントにも木村氏は参加しているが、その1週間前にドイツ・フランクフルトで開催されたOSSのRDBMS関連イベントにも参加している。そのイベントでは、PostgreSQLを中心にしたセッションがなかったという。

 「PostgreSQLに関心がある人は、あきからに多くなってきましたが、まだ事例としてあげたり、セッションとして行うまでに至ってない、という印象を受けました」(同氏)

日本語化を含めた継続的な活動を展開

 海外でのFirebirdのプレゼンスの高さを肌で感じている木村氏は、Firebird日本ユーザー会を地道だが、着実に展開している。

 「昨年オープンソース系のカンファレンスには、できる限り参加してブースやセッションで適切なDB選択肢としてのFirebird利用をアピールしてきた。Firebirdの存在をはじめて知って、MLで質問してくれる人も増えてきた」(同氏)そうだが、そのほかにも、ドキュメントを翻訳するほか、先に紹介したイベントでは、最新版となるFirebird 2.0.1と日本語版のインストーラを同梱したCD-ROMを作成、参加者に配布している。

 「Firebirdの知名度を上げたい」という木村氏は、今後もFirebirdの主要なバージョンアップに合わせて、できるかぎり日本語版や、日本語ドキュメントを作っていきたいとしている。また、1st Firebird Japan Conferenceのようなユーザーを中心にしたイベントを、年1回を目標に定期的に開催したいとの抱負を語っている。

木村明治氏 「Firebirdの知名度を上げたい」と語る木村明治氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]