編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

バラクーダ、スパムスキャン技術を拡張--圧縮ファイルスパムの効果的な防御が可能に

CNET Japan Staff

2007-08-22 20:06

 バラクーダネットワークスは、ZIP圧縮ファイルのスパムに対応可能な新技術を同社のアンチスパムアプライアンス「Barracuda Spam Firewall」に導入したと発表した。

 この技術により、7月以降に増加傾向を見せているテキストやExcel、PDFファイルなどをZIP圧縮した最新の株価操作「pump-and-dump」スパムを効果的に防御することが可能になったという。

 同社製品では、2006年に流行した、既存のボットネットによるPDFや画像スパム攻撃を無力化するための「バラクーダレピュテーション解析」と呼ばれる技術を既に実装している。

 今回発表された新技術では、圧縮ファイルスパムへの対抗策として、より正確なスパムスコアリングエンジンによって構成される包括的なスキャンアプローチを採用することで、圧縮ファイルに埋め込まれたスパム手法の特定を可能にしているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]