編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

オブジェクトファイルの消し方

OKWave

2007-08-30 13:00

オブジェクトファイルの消し方

こんにちは。30代男性です。

FreeBSDでC言語を扱っているのですが(初心者です)、例えばファイル名「ex.c」をコンパイルするときは「cc -Wall -o ex ex.c」となりますが、コンパイル後にオブジェクトファイルを消したい時にはどうしたらよいでしょうか?

よろしくお願い致します。

良回答

以下のようなMakefileを用意し、ex.cと同じディレクトリにおきます。

>cat Makefile

DEST=/usr/local/bin
PROGRAM = ex
OBJS = ex.o
SRCS = ex.c

all: $(PROGRAM)

clean:
[TAB]rm $(OBJS)

install: $(PROGRAM)
[TAB]install $(PROGRAM) $(DEST)

$(PROGRAM): $(OBJS) 
[TAB]$(CC) $(OBJS) -o $(PROGRAM)
[TAB]はタブに置き換えてください。(スペースではダメです。)
「make」または「make all」でコンパイル/リンクします(exが作られます)。
「make clean」でオブジェクトファイルを削除します。
「make install」で/usr/local/binディレクトリへインストールします。

ちなみにソースファイルが増えた場合、

OBJS = ex.o subs.o
SRCS = ex.c subs.c
などとします。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]