編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、「BizTalk Server」の最新版をリリース

文:David Meyer(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部

2007-09-12 18:03

 Microsoftは、同社のビジネスプロセス管理(BPM)サーバであるBizTalkの最新版にRFID(無線認識)機能を統合した。

 Microsoftは米国時間9月10日、同社ビジネスプロセス管理(BPM)サーバの最新版である「BizTalk Server 2006 R2」をリリースした。同製品は、サービス指向アーキテクチャ(SOA)プラットフォームに基づく製品。また同製品は、RFID機能に加え、EDI(電子データ交換)標準もサポートしている。

 Microsoftによると、BizTalkにRFIDとEDI機能を追加したことにより、ビジネスプロセスを企業の「エッジ」とその先にまで拡大できるようになるという。例えば、ビジネスパートナーや支店が挙げられている。支店向けのBizTalkであるBranch Editionは、組織内のさまざまな目的にも利用可能だ。

 MicrosoftのConnected Systems製品管理担当ディレクターを務めるSteven Martin氏は10日、「顧客が、コアビジネスプロセスをアプリケーション、パートナー、プラットフォームを越えて拡大できるようにするためには、ベンダー、プラットフォーム、プロトコル、地理的条件に関わらず、既存のシステムを接続できる方法が必要だ」とし、さらに「BizTalk Server 2006 R2を使用することにより、顧客はアプリケーション、プラットフォーム、従業員同士をつなぐ方法を選択できる。われわれは彼らに、それを行うためのツールを提供する」と付け加えた。

 Microsoftは先ごろ、SOAに対する取り組みについてIBMから批判を受けた。IBMは、Microsoftは「ごく単純なメッセージングインフラ」を提供しているにすぎないと主張している。IBMの幹部であるSteven Mills氏は8月、ZDNet.co.ukに対し、「Microsoftは(すべてのプラットフォームやアプリケーションをカバーするのではなく)Windowsプラットフォーム上で動作するアプリケーションにのみ接続機能を提供しようとしている」と語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したも のです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]