マイクロソフトがヨーロッパのLinuxユーザーを訴える可能性は?

文:Peter Judge(Special to CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、長谷睦 2007年09月21日 20時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イギリスのLinuxユーザーが直面するMicrosoftからの脅威は、これまで考えられていたより大きくなる可能性がある。しかし、オープンソースによって特許を侵害されたと主張するMicrosoftによってイギリスのオープンソースユーザーが危機に晒される可能性は、米国のユーザーに比べてはるかに低いと、専門家たちは考えているようだ。

 Microsoftは、Linuxなどのオープンソースソフトウェアが、235件に及ぶ同社の特許を侵害していると主張している。同社は対象となっている特許を明らかにしていないが、同社がイギリスで持つ特許の数は米国よりはるかに少ないことから、同社から訴えられるリスクはイギリスの方が低いはずだと、法律事務所Moorcrofts Corporate Lawの事務弁護士、Andrew Katz氏は述べている。

 ただし、イギリスのノッティンガムに本拠を置く特許法律事務所Eric Potter Clarksonの弁護士David Pearce氏は、Microsoftが持つイギリスで有効な特許の数は、Katz氏が指摘した51件という特許出願件数よりも多いはずだと、法律関係のブログ「IPKat」で述べている。Pearce氏はその理由として、Microsoftはヨーロッパでも数百件の特許を取得しており、イギリスの裁判所の判断次第ではこれらの特許がイギリスで効力を持つ可能性があるからだと説明している。

 これに対してKatz氏は、「400件(の特許)がイギリス国内で効力を持ったとしても、その数は米国よりはるかに少ない。このことはイギリスの制度が米国と大きく異なっていることを示すもので、これこそが注目すべき重要な点だ」と指摘する。

 Katz氏によれば、欧州特許庁は、Microsoftが申請した4341件の特許のうち431件の特許を認めているという。一方、米国が同社に与えている特許は7000件を超える。

 一方、ヨーロッパの特許はイギリスの特許よりもはるかに魅力的だとPearce氏は言う。「その理由は明らかで、費用だけの問題ではない。今では、ほとんどの大企業が、イギリス特許庁よりも欧州特許庁での特許申請をはるかに優先している」(Pearce氏)

 Microsoftがヨーロッパで持つ431件の特許は、その多くがマウスなどのハードウェアに関する特許であるため、Linux関連の訴訟には関係ないと見られている。

 「イギリス特許庁で処理された51件の出願を短期間で大まかに調べたところ、ハードウェア関係の特許の割合は、米国での(Microsoftの)特許を無作為に抽出して調べた結果と比べてはるかに高いようだった」とKatz氏は述べている。

 しかし、Pearce氏によれば、ソフトウェア特許に対するヨーロッパの姿勢はKatz氏の言うほど厳格なものではないという。「ヨーロッパは、実際、ソフトウェアに特許を『与えている』。しかも長年にわたってだ」とPearce氏は語っている。

 1999年以降、コンピュータプログラム製品に対する特許の認定には複雑な基準が課されている。Pearce氏は、「(特許の認可は)『技術的効果』、つまり単なるコンピュータプログラムの範囲を超える効果との関連によって決められている」と説明したうえで、「コンピュータが工業生産に使われている場合はこうした基準も理解できるが、一般的に使われるコンピュータアプリケーションに適用するのは理解しがたい」と述べている。

 この基準は完全に「抜け道」となっており、特許弁理士たちはこれを利用して、コンピュータソフトウェアの特許性に関してヨーロッパで定められた除外条項をうまくかいくぐろうとしていると、Pearce氏は指摘する。欧州特許条約イギリス特許法は「コンピュータソフトウェア『それ自体』には特許性がないと明示している。そして明らかに、この『それ自体』という一節が、多くの論争を生む原因となっている」(Pearce氏)

 仮にMicrosoftの持つLinux関連特許がイギリスで合法だとしても、Microsoftはコンピュータプログラム提供者に対し、Microsoftの発明品を利用できる手段を提供した者を「間接侵害」で訴えることはできても、コンピュータプログラムを侵害したとして「直接侵害」で訴えることはできない。

 「この違いは立証の度合いと責任に関する違いであり、関連する特許権の行使を事実上難しくするものだ」とPearce氏は説明する。「ただし、必ずしも特許全体が無効なわけではなく、部分的に無効となるにすぎない。したがって、このためにMicrosoftが訴えを起こせなくなるわけではないが、同社が勝訴するのは少し難しくなるだろう」(Pearce氏)

 こうしたことから、Katz氏とPearce氏は、Microsoftがイギリスのオープンソースユーザーに対して特許侵害訴訟を起こす可能性は非常に低いという点では、意見が一致している。また、イギリス特許庁は、最近(Aerotel Medical Systemsが提出した)2件の出願を却下して以降、コンピュータプログラムの特許を認めていない。

 ただし、すでに認められている特許の状況については、さらなる判例が出ない限りわからないと、Pearce氏は語っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化