編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ジュニパー、キャリア向けイーサネットルーティング製品を拡充--消費電力を大幅削減

CNET Japan Staff

2007-09-26 20:31

 ジュニパーネットワークスは9月26日、同社のイーサネットルーティング製品「MXシリーズ」のラインアップ拡充を発表した。

 発表された製品は、「MXシリーズ」の性能を従来よりもコンパクトな筐体にまとめた「MX240」「MX480」と、2種類のDense Port Concentrator(DPCモジュール)。

 MX240では、240Gbpsのスイッチングおよびルーティング能力を5RUサイズに、MX480は、480Gbpsを8RUに収納。それぞれ、最大120ポートおよび240ポートのGigabitイーサネット(GE)インタフェースをサポートする。また、これらの製品では、特にエネルギー効率の向上が考慮されており、同社の試算では電力、スペース、冷却のコストを約60%低減できるとしている。「3年間で10万9583kWの電力削減が可能」(同社)という。

 合わせて、MXシリーズ間で共有可能なDPCモジュールの2つの新製品が発表された。レイヤ3ルーティング機能とレイヤ2スイッチング機能を持つ従来の「DPC-R」に加えて、今回ラインアップに加わったのは、「Layer 2 Switching」(以下、DPC-X)と「Enhanced Queuing」(以下、DPC-Q)。DPC-Xは、メトロイーサネットトランスポート向けの製品で、レイヤー2またはレイヤー2.5をサポート。DPC-Qは、1枚で6万4000個のVLANポートを収納でき、イーサネットサービスに不可欠な帯域とQoSを確保できる。

 同社では、新製品について「ジュニパーのキャリア向けビジネスにおけるノウハウを集積したもの。次世代のイーサネットに向けてサービスプロバイダーが求める信頼性、拡張性、エコロジーといったニーズを満たす製品」と説明している。

 発売時期は「MX480」「DPC-X」が2007年10月より。「DPC-Q」は、2007年第4四半期より。「MX240」は、2008年第1四半期より。価格は、いずれもオープン。

MX240&MX480 240Gbpsのスイッチングおよびルーティング能力を5RUサイズに収め、最大120ポートのGEインターフェースをサポートする「MX240」(左上)と、480Gbpsの処理能力を8RUに収め、240ポートのGEインターフェースをサポートする「MX480」(右下)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]