マスターIDとgooIDの連携で相乗効果のあるサービスを--NTTコミュニケーションズ

梅田正隆(ロビンソン) 2007年10月05日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズは2003年12月に、Liberty Allianceが認定した認証連携仕様「ID-FF 1.1」に基づく統合認証プラットフォームを実装した個人向けサービスの提供を開始した。世界で初めて提供されたLiberty仕様の商用サービスと言われる。このサービスは、NTT研究所のアイデンティティ(ID)情報流通技術「I-dLive」をベースにしたNTTソフトウェアのID連携モジュール「TrustBind/Federation Manager」を利用している。同社の取り組みについて聞いた。

Liberty準拠の「マスターID」

 NTTコミュニケーションズはLiberty Alliance Projectのメンバーではない。NTTの研究所やNTTソフトウェアが生み出す技術やプロダクトを、自らのビジネスに活用する立場にある。いわばLiberty Allianceの技術を商用で活用する企業ユーザーといえる。ご存知のとおり、同社はNTTグループにおいてインターネットで事業を展開する企業だ。インターネット接続サービスであるOCNをはじめ、有料の各種個人向けサービスや法人向けサービスを提供する。

 NTTコミュニケーションズがLiberty仕様の統合認証プラットフォームを開発した背景はこうだ。同社では歴史的な経緯から、提供するそれぞれのサービスが自律分散的に構築されてきた。サービスごとに顧客情報が管理されており、そうした状態はサービスマネジメントの観点からも、情報マネジメントの観点からも好ましくない。そこで「顧客に対しては一枚岩で対応すべき」と考え、顧客情報管理のあり方を改善したいと考えていた。そうした中、タイミングよくNTTの研究所がLiberty Alliance Projectに参加し、顧客情報を束ねるスキームとして、いち早くプロダクトを出したことが商用サービスの開発につながった。

 同社が開発したのは「マスターID」と呼ぶ商用サービス。NTTソフトウェアのアイデンティティ連携モジュール「TrustBind/Federation Manager」をコアに、実際にサービスとして安定して提供するうえで必要となる管理系や運用系の機能、さらには同意確認等を行うための画面を構築した。マスターIDを使えば、ユーザーはログインが必要な8つのサービスにシングルサインオン(SOO)で入ることができる。一度ログインすれば、電話料金の明細を見たり、ポイントサービスでポイントを確認したり、ファイル共有サービスを利用したりできる。

共同プロモーションや応用ビジネスの展開も

 2007年7月に同社は、NTTレゾナントが運営するポータルサイトgooで提供している会員IDの「gooID」とマスターIDとを連携させるサービスも開始している。マスターIDを使ってログインしたユーザーは、gooIDと連携できるためログインし直す必要がない。逆にgooの会員は、gooIDでNTTコミュニケーションズの各種サービスにSSOすることもできる。

堀川 NTTコミュニケーションズ ネットビジネス事業本部 CRMシステム部 サービスプラットフォームグループ 担当課長の堀川桂太郎氏

 NTTコミュニケーションズ ネットビジネス事業本部 CRMシステム部 サービスプラットフォームグループ 担当課長である堀川桂太郎氏は、gooと認証連携した意義について、次のように説明する。

 「gooはポータルビジネスであり、ページビューや滞在時間が増えるほどサイトの価値が高まる無料サービス系のビジネスだ。一方、当社は有料サービスを中心としたビジネスを展開している。NTTグループにおいて無料系と有料系で棲み分けができているのだから、バラバラに存在するのではなく、互いに連携すべきだと考えた」(堀川氏)

 OCNの会員は約600万人、gooのユーザーは約800万を数える。gooのユーザーが、NTTコミュニケーションズのOCNサービスを知ってISPを乗り換えることや、逆にOCNユーザーがgooのポータルサービスを使ってもらうような相乗効果を狙う。

 マスターIDの構築に関与している同社 ネットビジネス事業本部 CRMシステム部 サービスプラットフォームグループの島田健一郎氏は、「gooIDとの連携の成果について評価するのはこれからだ。現状はつなぐことができた段階であって、両社共同でのプロモーションや応用ビジネスは今後展開していくことになる」と語る。

 堀川氏も「太い道ができたばかり。この道の周りにどのような店やサービス、あるいは広告展開できるのかを、両社のワーキンググループで検討している」と続ける。堀川氏や島田氏らは、技術サイドからアプローチし、基盤を整備して、新しいサービスがいつでも展開できるよう準備している。堀川氏らは、キラーコンテンツが出てくればgooIDとの連携はより活性化してくるだろうと見ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化