編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

Solaris/Linux対応IDE「Sun Studio 12」マルチリンガル版がリリース

荒浪一城

2007-10-02 15:33

 10月2日、サン・マイクロシステムズは、Solaris、Linux対応のIDE「Sun Studio 12」マルチリンガル版の無償ダウンロードを開始したと発表した。マルチリンガル版には日本語版を含まれる。

 「Sun Studio 12」は、Solaris 9、Solaris 10、RedHat Enterprise Linux 4環境下で、C、C++、Fortranを用いたアプリケーション開発を支援する統合開発環境(IDE)。開発者は、希望するプラットフォームに応じて「Sun Studio 12」をダウンロード、利用することができる。また、有償のサポートサービスに加入することも可能だ。

 これまでのリリースでは、Linux環境においてがgcc(GNU Compiler Collection)が提供されていたのに対し、Sun Studio12では、サン・マイクロシステムズ独自の技術によるコンパイラを提供する。同社では、複数の環境において同じツールを利用できることは、ツール習得のための負担を軽減することにつながるという利点があると説明している。

 さらに、「Sun Studio 12」は、C、C++、Fortran共通のデバッガーを提供し、Javaとネイティブコードが混在するコードにも対処可能だ。

 これらのツールはオープンソースのIDE「NetBeans」をベースに構築されている。後方互換性も保持されており、Forte Developer 6 Update 2、Sun ONE Studio 7 Enterprise Edition、Sun Studio8、9、10、11を利用しているユーザーは、「Sun Studio 12」へアップグレードすることが可能とのことだ。

 なお、「Sun Studio 12」の製品詳細およびダウンロードについては、同社ウェブサイトを参照していただきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]