編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本アバイア、Microsoft Office Communications Server 2007への対応を発表

CNET Japan Staff

2007-10-17 22:12

 日本アバイアは10月17日、同社のコミュニケーションミドルウェア「Avaya Application Enablement Services」の次期バージョンをマイクロソフトが国内で11月より出荷する「Microsoft Office Communications Server 2007」に対応させることを発表した。

 Avaya Application Enablement Servicesは、IP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」のCTI連携に用いるミドルウェア。Avaya Communication ManagerとMicrosoft Office Communications Server 2007を利用する企業は、Microsoft Officeなどのアプリケーションと社内電話システムを統合するユニファイドコミュニケーションを実現できる。

 アバイアがMicrosoft Office Communicatorで提供するテレフォニ連携の特徴は以下のとおり。

  • 「Click to Communicate」機能
  • 携帯電話のプレゼンス表示が可能
  • 着信呼をボイスメッセージシステムへ自動転送
  • 不在着信や通話の転送の通知メール

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]