OpenSSL 0.9.8gリリース

荒浪一城

2007-10-22 20:00

 19日、OpenSSLプロジェクトは、様々なバグを修正したOpenSSL 0.9.8gをリリースした。

 OpenSSLプロジェクトは、SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)プロトコルを実装しているオープンソースのライブラリー。OpenSSL 0.9.8fでは、ソースコードのバージョン表記に問題がありOpenSSHとの間で不具合が生じていた。

 今回のリリースにおける、変更点は以下のとおり。

  • ssl_ctx_st構造のバイナリーの不一致を修正
  • DTLSの相互動作がサーバーの規約に準拠していなかったバグを修正
  • get_session_cb()関数をセッションなしに呼び出さないように修正
  • ia64アセンブラコードを修正

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]