編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows向けSFTPクライアント「WinSCP 4.0.5」リリース

荒浪一城

2007-10-25 19:06

 WinSCPプロジェクトは10月24日、WindowsのためのSFTPクライアント「WinSCP 4.0.5」をリリースした。ライセンスは、GPL(GNU General Public License)。

 WinSCPは、WindowsのためのオープンソースのSFTP、FTPクライアントだ。主な機能は、ローカルのコンピュータとリモートコンピュータ間の安全なファイル転送。これに加え、WinSCPはファイルマネージャ機能も提供する。また、Secure Shell(ssh)、Secure FTP、レガシーなSCPプロトコルもサポートする。

 詳細な変更点に関しては、チェンジログを参照していただきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]