編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

カーネル内でEXT3やジャーナルファイルシステムに関連する不具合を検出した

OSSメッセージペディア

2007-10-29 13:00

Assertion failure in function() at filename:line: info

対処

本メッセージ表示後,カーネルはパニックする。そのためシステムを再起動する必要がある。

説明

カーネル内でEXT3(third extended file system)やジャーナルファイルシステムに関連する不具合を検出した。

このままの状態でシステムを動作させる事は危険なため,カーネルはpanicする。カーネルのバグにより発生する現象である。

カーネルには、稼動中の不具合を早期発見するする方法として、ASSERTと呼ぶ内部状態の整合性を検証する処理がさまざまな形で組み込まれている。このメッセージは、EXT3やその延長で動作するジャーナルファイルシステムに書かれたASSERTによって不具合を検出したときに出力する。実際にASSERTを実行する関数はJ_ASSERT()マクロである。J_ASSERTマクロの引数に整合性チェックに使用する条件式を指定する。この条件式が否になった場合,本メッセージを表示しパニックする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]