編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Javaの日時関連クラスの代替ライブラリ「Joda-Time 1.5」リリース

原井彰弘

2007-10-31 08:00

 Joda-Timeプロジェクトは10月29日、Javaの日時関連クラスの代替となるライブラリ「Joda-Time」の新バージョン「Joda-Time 1.5」をリリースした。

 Joda-Timeは、Javaの日付や時刻を扱うクラスの代替となるライブラリ。JavaのDateクラスやCalendarクラスはさまざまな設計上の問題を抱えており、パフォーマンスにも問題がある。Joda-Timeはそれらの問題点を解決するために開発されたという。

 Joda-Timeはシンプルな設計を保ちつつも、多数の暦や、タイムゾーン、期間の表現、書式出力、文字列のパースといった機能をサポートしている。また、機能の拡張も簡単に行えるという。

 今回リリースされた新バージョンでは、午前0時が存在しないタイムゾーンを正しく扱えるようになったほか、期間に関するクラスにも多数の新しいメソッドが追加され、他の表現への変換が行いやすくなった。また、夏時間や冬時間の判別も簡単になった。

 なお、今回のリリースとは別にJoda-TimeをJDKに含めようとする動きがあり、JSR-310(Java Specification Request 310)として議論されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]