編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

コンポーネントベースのフレームワーク「Apache Cocoon 2.2-RC2」リリース

原井彰弘

2007-10-31 17:19

 The Apache Cocoonプロジェクトは10月29日、コンポーネントベースのウェブアプリケーションフレームワーク「Apache Cocoon」(Cocoon)の新バージョン「Apache Cocoon 2.2-RC2」をリリースした。

 CocoonはSpring Frameworkをベースとしたフレームワーク。「関心事の分離」と「コンポーネントベースの開発」というコンセプトを元に作られており、特定の機能に特化したコンポーネントをパイプラインで接続するという手法を用いて、レゴブロックを組み立てるようなアプローチでウェブアプリケーションを開発することを可能としている。

 今回リリースされたのはCocoon 2.2のリリース候補版。Cocoon 2.2では、新たに「ブロック」という概念が導入され、コアのモジュール以外は全てブロックとして提供されるようになる。また、Cocoonを利用したアプリケーションもブロックとして開発されることになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]