Leopard解体新書--第5回:ファイル監視を行うFSEvent - (page 3)

木下誠(HMDT)

2007-11-13 19:20

手軽に使えるので応用に期待

 このようにTime Machine用に追加されたFSEventだが、プログラムから使うのは非常に簡単だ。先ほどのwatcher.rbの一部を紹介しよう。

// 引数からパスを取得する
path = ARGV.first

// FSEventStreamを作成する
stream = FSEventStreamCreate(
  KCFAllocatorDefault,
  fsevents_cb,
  nil,
  [path],
  KFSEventStreamEventIdSinceNow,
  1.0,
  0)

die "Failed to create the FSEventStream" unless stream

// FSEventStreamをランループに追加する
FSEventStreamScheduleWithRunLoop(
  stream,
  CFRunLoopGetCurrent(),
  KCFRunLoopDefaultMode)

// FSEventStreamをスタートする
ok = FSEventStreamStart(stream)
die "Failed to start the FSEventStream" unless ok

begin
  // ランループを開始する
  CFRunLoopRun()
  ...

 まず、パスを指定してFSEventStreamを作成する。これをCocoaのランループに追加して、イベントの監視をスタートする。これだけで利用可能だ。

 シンプルなので、動作も軽い。機能は少ないが、色々な応用を考えるのが楽しいだろう。たとえば、Safariのダウンロードフォルダを監視して、ダウンロードの開始と終了イベントを捕まえたり、特定のフォルダにファイルをコピーすると処理を開始するスクリプとなどが作れるかもしれない。アイディア次第で、応用範囲は広がりそうだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]