編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ドキュメント指向データベース「CouchDB 0.7.0」:JSONでのアクセスに対応

原井彰弘

2007-11-20 14:53

 CouchDBプロジェクトは11月16日、ドキュメント指向のデータベース「CouchDB」の新バージョン「CouchDB 0.7.0」をリリースした。

 CouchDBは、ドキュメント指向の非リレーショナルデータベース管理サーバ。REST風のJSONを用いたAPIでアクセスすることができ、スキーマのないフラットなアドレス空間に格納された文書を、クエリを用いて取り出すことが可能だ。リレーショナルデータベースやオブジェクト指向データベースの代替とはならず、データベースのサイズも現在は最大2ギガバイトまでという制約もあるが、バグ追跡システムや、TODOリスト、ヘルプシステムなどを開発する際に利用できるとしている。

 今回リリースされた新バージョンでは、XMLではなくREST風APIを用いてアクセスすることが可能になったほか、管理インタフェースが組み込まれた。また、Luceneを用いた全文検索が試験的に実装された。

 なお、CouchDBはまだアルファ段階のソフトウェアであるため、仕様は今後変更される可能性があるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]