編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

C言語で書かれた共通ライブラリ「APR 1.2.12」リリース

荒浪一城

2007-11-27 16:13

 The Apache Portable Runtime Projectは11月27日、Apache Portable Runtime(APR)ライブラリの最新版である1.2.12をリリースした。

 APRはC言語で実装されており、性能を犠牲にせず様々なOSに一般的なプログラミングインタフェースを提供する。現在サポートしているOSは、UNIX、Windows、Netware、Mac OS X、OS/2など。

 APR1.2.12では、以下のような機能を提供する。

  • アトミックオペレーション
  • 動的共有オブジェクトのローディング
  • ファイルI/O
  • ロック
  • メモリーマネジメント(ハイパフォーマンスアロケーター)
  • メモリーマップファイル
  • マルチキャストソケット
  • ネットワークI/O
  • 共有メモリ
  • スレッドとプロセスのマネジメント
  • 様々なデータ構造(テーブル、ハッシュ、優先待ち行列など)

 なお、Apache HTTP Server 2.0系で利用されているAPR 0.9系と、Apache HTTP Server 2.2系で利用されているAPR 1.2系では、互換性がないことに注意されたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]