編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

USB Flashから起動可能なMandriva Linux

後藤大地(オングス)

2007-12-04 13:46

 Mandrivaは2008年11月30日(米国時間)、Mandriva Flashファミリーの最新版「2008 Mandriva Flash 4GB」を発表した。2008 Mandriva Flash 4GBはUSB Flashから起動できるLinux OS。BIOSの設定を経由することなくリブートを実行できるezBoot機能やWindows/Linux両システムの利用を可能にする新機能が含まれている。

 2008 Mandriva Flash 4GBのベースとなっているOSは「Mandriva Linux 2008 KDE」。ezBootやKDEのほかにFirefox、Thunderbird、Java、FlashPlayer、RealPlayer、Skypeなどのアプリケーションが含まれている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]