編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

MS、更なるシェア奪取を狙い「Lotus Notes」移行ツールをアップデート

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、長谷睦

2008-01-22 18:27

 IBMの「Lotus Notes」は、Microsoftにとって格好の標的の1つだ。

 Microsoftのパートナー向け会議や販売会議において、Lotus Notesは頻繁にターゲットとされている。つまり、売り上げを増やしたければNotesを狙えということだ。

 この営業努力は成果をあげているようだ。Microsoftによると、2007年下半期で300社以上の大企業、ユーザー数換算で280万人が、IBM製のソフトウェアから「Exchange Server」「Office」「SharePoint Server」などのMicrosoft製品へ移行を開始したという。

 同社では、2008年上半期で更に多くのユーザーが乗り換えると見込んでいる。Notesを利用する顧客数は減少しているが、それでも乗り換えは増えるという。

 「Notesのユーザー数は毎年減少する一方だ」と、MicrosoftのUnified Communicationsグループでディレクターを務めるClint Patterson氏は述べている。

 また、GartnerのアナリストMatt Cain氏は、100人以上のユーザーを持つ企業ではMicrosoftのシェアは62%、一方のIBMは26%だと指摘している。

 Cain氏は電子メールによる取材に応えて「シート数ベースで見ると、Microsoftは過去数年間で電子メール市場のシェアを1〜2%拡大させており、今後もこの傾向は続くとみている」と述べた。

 Microsoftは米国時間1月21日、IBMからMicrosoft製品への移行を支援する無料ツールセットをアップデートした。これにより、数十万人規模でメールボックスが必要な大企業でも、移行を行えるようになるという。

 ここが重要な点だとCain氏は指摘する。なぜなら、電子メールやスケジュール機能をExchangeに移行させるのは比較的簡単だが、「グループ、アーカイブ、連絡先、そしてもちろんDominoアプリケーションといったものを移行する際には、複雑な作業が必要だからだ」(Cain氏)。Microsoftが今回アップデートしたツールは移行の際の橋渡しの役割を果たすうえ、Binary TreeやQuestといったベンダーが提供している有料ツールの代替品としても使えるものだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]