編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

マイクロソフト、Windows Server 2008の新価格体系を発表

CNET Japan Staff

2008-01-25 17:47

 マイクロソフトは1月25日、「Microsoft Windows Server 2008」日本語版の新価格体系を発表した。

 Windows Server 2008は、仮想化技術の「Hyper-V」や、ネットワーク検疫機能の「Network Access Protection」、新たなコマンドラインシェルである「Windows PowerShell」などの新機能が実装されている。こうした機能追加をうけ、新価格体系を設定した。

 Windows Server 2008日本語版の新価格体系は以下の通り。すべてオープン価格で、表示は税抜き参考価格となる。

  • 主なパッケージ製品の新価格
    Windows Server 2008 Standard 日本語版 (5 CAL付) 18万8000円
    Windows Server 2008 Enterprise 日本語版(25 CAL付) 72万円
    Windows Web Server 2008 日本語版 8万5800円
    Windows Server 2008 日本語版 5CAL 3万2600円

  • 主要ボリュームライセンス(Open Business L:新規購入の場合)
    Windows Server 2008 Standard 日本語版 14万円
    Windows Server 2008 Enterprise 日本語版 45万4000円
    Windows Server 2008 Datacenter 日本語版 46万3000円
    Windows Server 2008 for Itanium-based Systems 日本語版 46万3000円
    Windows Web Server 2008 日本語版 7万7500円
    Windows Server 2008 日本語版 1 CAL 5500円

 またマイクロソフトでは、ボリュームライセンスにおいてWindows Server 2008サーバライセンスおよびクライアントアクセスライセンスをキャンペーン価格で提供する「Windows Server 2008 早期導入キャンペーン」を実施する。

 キャンペーンは、ボリュームライセンスの発売開始から2008年9月末まで実施される「Windows Server 2008 Select/Openプログラムキャンペーン」と、同8月末まで実施される「Windows Server 2008 CAL Open Valueプログラムキャンペーン」の2種類。例えばSelect/Openプログラムキャンペーンでは、250台以上のコンピュータを持つ企業向けのSelect Licenseと、コンピュータが250台未満の企業に向けたOpen Licenseにおいて、Windows Server 2008 Standard 日本語版がキャンペーン価格13万円(通常価格は14万円)で提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]