編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「IE8」はウェブ標準に準拠するのか? オペラCTOが考える3つのシナリオ - (page 3)

文:Hakon Wium Lie(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、中村智恵子、長谷睦

2008-02-04 08:00

 次に考えられるのは、正しく表示されることを強く望むウェブページについてはフラグをつけるよう要求し、この場合はデフォルトの設定を変更するというシナリオだ。ウェブページには、すでにこうした機能が組み込まれている(「DOCTYPE宣言」による切り替えで、これにはすべてのブラウザが対応している)のだが、MicrosoftはIE8ではDOCTYPEと別の仕組みを取り入れると宣言したようなものだ

 もしMicrosoftが新たな仕組みを取り入れると決めたのなら、Acid2の笑顔だけでなく、DOCTYPE宣言を使用しているすべてのページが正しく表示されなくなってしまうだろう。

 最後のシナリオは、IE8のコードの中にAcid2のURLをあらかじめ組み込んでおくというものだ。この方法では、Acid2のページだけを特別扱いして、ブラウザがテストに合格したかのように見せかける。これがテストの趣旨に反していることは明らかだし、こんなごまかしではテストに合格したことにならない。

 ウェブ標準の影響力を抑えるために、Microsoftは上に挙げた3つのシナリオのうち、少なくとも1つを取り入れると私は予測する。これは、ウェブに対して有害な影響を及ぼす事態だから、こんな予測がまったくの的外れであることを願っている。IE8の開発チームは、Acid2の笑顔がIEでも正しく表示できることを示してくれた。今度は、Microsoftがそのコードを正しく利用すべきだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]